【レビュー】Ryzen5 2400Gがグラボなしでも性能十分でおすすめ!

ガジェット
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Ryzen5 2400Gとは

スペック

  • コア/スレッド:4コア/8スレッド
  • ベース周波数:3.6GHz
  • ターボ周波数:3.9GHz
  • グラフィック:RX Vega Graphics
  • TDP:65W

その他スペックにつきましては、Amazon商品ページ等をご参照ください。

箱が大きく見えますが、クーラーも付属なので、まぁ妥当ですね。

特長

何と言ってもこのスペックで15,000円前後という圧倒的コストパフォーマンスの高さですね。

Ryzenはすでに第3世代まで進化しており、カテゴリとしてもRyzen5の上に7、9…と続きますが、高性能を目指すとキリがありません。

財布の中身にも限りがあるサラリーマンとしては、これぐらいのお値段で収まると大変有難く…。

また、グラフィック内蔵である点も嬉しいところです。グラボ分の費用が浮きます。

性能については、後半の諸々のベンチマークにて詳しく見ていきます。

 

Ryzen5 2400Gのベンチマーク

CINEBENCH

皆大好きCINEBENCH R15です。

そこそこ良い数値ですね。

よく比較されるIntel製品としては、Core i5-8400辺りが挙げられるかと思いますが…プロセッサ性能はCore i5-8400が優位、グラフィック性能はRyzen5 2400Gが優位といった感じ。

軽いゲームぐらいなら動くでしょうか。

ちなみに、測定時のCPU以外の環境は以下の通り。

  • M/B:ASRock B450M Pro4
  • メモリ:CFD Selection W4U2666CM-8G – 16GB
  • SSD:XPG GAMMIX S11 Pro – 512GB

SSDについては以下記事でレビューしておりますので、そちらもぜひご覧ください。

発熱チェック

CPUクーラーは付属のものを使用。

温度の測定には、『Core Temp』を使用します。

そんなに負荷をかけていない状態で以下のような感じ。平熱。

負荷をかけてみます。ファンの回転数が上がっているのが音で分かります。

尚、CPUに負荷をかけるソフトは『CPU Stress』を使用。

数分放置して、以下のようになりました。温度は上がっていますが、付属のCPUクーラーでもなんとかなるかなという印象。

ドラクエベンチ

軽めのゲーム枠として、ドラクエベンチをやってみます。

標準品質、1920×1080、ウィンドウ…ぐらいで回してみましょう。

『すごく快適』ですね!普通にヌルヌル動きます。

FFベンチ

続きまして、重たいゲーム枠としてFFベンチをやります。

ドラクエに合わせて標準品質、1920×1080、ウィンドウだと正直かなり厳しいと思います。

判定は動作困難。 常時カクカクというわけではありませんが、少なくとも快適ではないです。

品質を落とせば普通レベルにはなりますが、低画質で楽しむゲームではないかなと。

重たいゲームを楽しむときは、素直にグラフィックボードを買ったほうが良いかもしれません。

PUBG

最後はPUBG。YouTubeに何本かプレイ動画が上がっています。

Ryzen 5 2400G Review PUBG GPU@1500Mhz Gameplay Benchmark. An iGPU kicking Xbox One's ass

だいたい40~50FPSぐらいは確保できていそうですね。

一応遊べるけど、本気で撃ち合うにはちょっと…といった感じでしょうか。

 

まとめ

今回はRyzen5 2400Gをレビューしました。

先述の通り、とにかくコストパフォーマンスの良い商品です。

重たいゲームをしない方であれば、ネットサーフィンやら軽量ゲームやら、だいたいの要件は満たすことができると思います。

ライトなゲームはするかもしれないけどあまりゲームはやらないし極力出費は抑えたい…という方に特におすすめです。

それではまた次回!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ガジェット
\この記事をシェアする!/
\Follow Me!/
ぽんこつSEの無事是名馬

コメント

タイトルとURLをコピーしました